MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

狭山市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報


耐震性のある住宅を建てるのにいくらくらいかかるのでしょうか。 3LDKで40~60坪位、平屋。 素材の材質にこだわりはありません。 何棟(多分、10~20棟)か同じものが欲しく、組み建てハウスのようなものが希望です。 どこに相談すればいいか(建築士?大工さん?不動産屋?)もわかればお願いします。
ストッパールーフとステイルーフのそれぞれの特徴と、どちらがお勧めか教えて下さい。 北海道札幌近郊の住宅街にある北西角地(南北21m×東西16m)に新築を計画中です。 家の形状は総2階建て東西に長い長方形の母屋(7.28×5.46)の南東側に平屋(4.55×8.19)を付けたL型です。 2F母屋の屋根は南北に勾配(5/10)を付けた切妻屋根で、南東側の平屋は西側に勾配を付けた片流れ屋根(1/10 落雪容認)で計画しています。 この形状では2F切妻屋根の雪が1Fの片流れの屋根に大量に落ちる心配があるため、工務店では無落雪屋根としてステイルーフを提案しています。 なお、同じような無落雪屋根としてストッパールーフという屋根材もあるようですが、正直違いが判りません。 それぞれの特徴とどちらがお勧めか皆様の意見を伺いたいと思います。 また、この屋根形状&勾配で他の無落雪の屋根材として、お勧めがあれば教えて下さい。
中古住宅か新築か迷っています。 現在借家に10年ほど住んでいますが、その家を買わないかと言われました。 土地90坪に築45年の20坪の木造平屋に一階がガレージ、二階に二部屋とクローゼットがある築35年の10坪程度の鉄骨二階建てが増築されています。家屋の傷みや解体費用も加味して、土地だけで近隣の相場が坪10万のところを800万で売るとのことです。この10年で家賃に500万程払っていますし、まだ定年まで30年近くありますので、固定資産税を加味してもこのまま借りているよりはいいような気がします。 ただ、二つだけ問題があって、平屋と二階建て接続部分からの雨漏りがひどいです。。